« DISCO。 | トップページ | コントロール。 »

スーパー談義。その2

大してパッとした話題もなく、異国の地に来てまで相変わらずさえない生活を続けているな~とつくづく実感してしまうのだが、再びスーパー論を少々。

先週、家のポストに”近所の通り(マドモワゼル通りというのだ。ぷっ)にPICARDが開店しますよ”というチラシが入っていた。PICARDというのは、冷凍食品しか売っていない素敵な店で、パリには結構そこかしこに、そして地方でも大きい街には必ず存在しており、働くかあさん、金持ち独身男性の強い見方なのである。そういえば、日本にはこういう冷凍食品専門店なんてあるのだろうか。横浜では見たことないね。

我が家の冷凍庫はハナクソくらいの大きさ(高さ15cm位)なので、こんな店でモリモリ買いだめしても保管出来ず、そしてやはり値段もかなり高いので、便利さよりも安さを重要視する私としては、今まで数えるほどしか行ったことはない。ただ、今回、このちらしに開店記念として初回の買い物に限りこの引換券を持っていくと冷凍バックをプレゼント!と書いてあるのがどうしても気になっていた。この冷凍バックというのも、別に普通のナイロンの袋に取っ手がついており、”ちょっと保冷が効きそうな気がする”程度のものなのだが、なかなか無料でもらえるというチャンスはないではないか。普通に買うと1.50ユーロくらいはするらしい。

そんなわけで先週の土曜、雹の降る中を行って来た。かなり小さいがやはり開店したてというだけあり、とっても綺麗。暇そうな仏人女性が何人かうろついている程度で、激混みというわけでもなく、ゆっくり見れるのだが、やはり高い!これはやっぱり”うちは共働きで月40万近い収入はあるけど、忙しくて料理なんかしてる暇ないのよね~”というような人向きではないか。独身者向けには、チンするだけで素敵な一皿、というのがたくさん。写真も綺麗で”あ~、一度で良いから食べてみて~。”と、うなる様なものばかり。レジでちゃんと名前と住所と電話を記入した引換券を渡しつつ”こんなの持ってくるの私だけだろうな~”などと思っているとレジのおばちゃんが引換券をしまうところには、既に何十枚もの券が。オサレなイメージのフランス人も結構こういうの張り切っちゃう人多いのね。

|

« DISCO。 | トップページ | コントロール。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/11836895

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー談義。その2:

« DISCO。 | トップページ | コントロール。 »