« 何これ。 | トップページ | さけ丼。 »

893。

ジムでもらったテレビ番組雑誌teleramaというのをトイレで読んでいたら、火曜に5チャンで面白げな番組があるのを発見。5チャンとは、ARTEというドイツの真面目なドキュメンタリーなんかを良く放映しているチャンネルで、日本ネタものも結構多いのだが、大抵変な時間帯で見逃すことが多い。まぁ、日本のドキュメンタリーなんて在仏日本人くらいしか見ないだろうから仕方がないだろうが。

その私が興味を持った番組は、ずばり”young yakuza”。何やらかんやら(名前を忘れた)という日本好きフランス人が撮ったドキュメンタリー映画らしい。といっても、大抵このARTEという番組で放映される日本ものは、極端な映像が多くて、いかにもフランス人に”日本人ってこんなに変なんです!”と訴えようと必死な感じが嫌だったりするので、このドキュメンタリーもやくざが指詰めて、とか、刺青が、とかそういうベタな感じのものだろうと思っていた。

23時くらいから始まったので、何となく夫と見始めてしまったのだが、結構面白かった。ただ、これを見るために、お金を払って映画館へ行くかと言われれば考えてしまうが。”悪いことばっかりしてる20歳の息子に手を焼いた母が、その子を稲川会系熊谷組という組に修行に行かせる。”みたいなのが話しの大筋だったが、組長(?)の語ることがかなり文学的なのだ。しかもキリスト教信者で、話し方も穏やか。とても一般市民のイメージするような”その筋の人”とは思えない感じであった。この組のシマが武蔵小山らしく、あの長い商店街が何度も映り、別に地元民ではないのだが、短大生の時にヨーグルト試食か何かのバイトで、ここ行ったな~なんて思い出したりした。

|

« 何これ。 | トップページ | さけ丼。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 893。:

« 何これ。 | トップページ | さけ丼。 »