« からす。その2 | トップページ | 5月終わっちゃうよ。 »

はしご。

Petite_centure 日本でもそうだが、食料品・日用品の買い物をする時に、1箇所で全てが済むということは、まずない。”この店で必要なもの全部買ったら、すげー高い(例・モノプリ)”などという経済的な理由もあるが、必要なものが最初から決まっている場合など、”どうしてもこれだけは、この店でしか売ってない”というものがいくつか出てくる。

ずっと前にインチキクスクスについて記事を書いた時に確か写真までとった、ダメ人間向けマギーのクスクス用ブイヨン。毎回クスクスを作るときにはこれを2個入れて、後は適当にアリサ(唐辛子のペーストみたいなの)を入れてごまかせば、あっという間にオサレなクスクスが完成するのだ。だが、このブイヨン、マイスーパーCASINOでは売っていないし、カルフールでも見たことない。毎回このためだけにMONOPRIXへ行かなくてはならないのだ。そんな訳で暇な主婦の時間つぶしには最適な”スーパーのはしご”という事をよくしている。

家のすぐそばのFRANPRIXは、レジは中国人ばかりだが、店の陳列とか配達とかはアラブ系の人がやっている。水を買うついでに、ここならもしかしたらクスクス系の品揃えが激しく充実!なんてこともあるかもしれんと、売り場をうろついてみる。ちょうどこの日は大量に品物が入荷したらしく、あちらこちらで、アラブ人のおっちゃんが商品陳列中。ちょっとイやな予感がしたが、さりげなくブイヨンとか香辛料のコーナーを探してると、やっぱりおっちゃんに気づかれた。”何探してるの?”と親切に聞いてくるではないか。絶対引かれるよな~と思いながら、”あ、あの、ブイヨン。クスクス用の。”と小声で答えると、”クスクス用のブイヨン?そんなのある訳ない。鶏とか牛のブイヨンならここだよ!でもクスクス?そんなのないよ。”と驚き顔。そんなこったろうと思ったよ。おっちゃん、ブイヨンを溶かすだけのインチキクスクスなんて食べたことないんだろう。やっぱりモノプリに行って買うことにした。

今日は、和風のカレーを作ることにしたが、今日の分を作るともうルーのストックがない。勿論、CASINOの前にある日系食料品店なんかに行けば、素敵なルーが手に入るのは確かだが、何しろ高い。日本なら、安売りで198円、ちょっと手の込んでそうなのでも298円とかじゃないだろうか。それがここでは、普通に買えば5ユーロはする。1000円近く出してカレーのルーを買うなんて不愉快極まりないので、これだけは、中国に魂を売ることにしている。レトロなパッケージのS&Bのゴールデンカレー1種類しかないのだが、陳氏市場へ行けば日系の半額くらいで買う事ができる。ただ、これも、最近愛用している15区の店には甘口しか置いてないのだ。家では、中辛と決まっている。仕方なく今日久しぶりに13区の方の店にわざわざカレーのルーのためだけに行ってきた。ところがここでも、甘口と辛口しか置いていない。仕方ないので、使うときに混ぜようと1箱づつ購入。

その帰り、トラムに乗ろうと歩いていて昔パリの周りを走っていた循環電車の線路の名残を発見。そういえば、パリの地下という最近書いた記事内で見たという番組では、案内役の若者が最後この線路の上を歩いて地上に出るというようなシーンがあった気がする。15区や20区なんかにも結構この線路がそのまま残っていて、麻薬の取引でも行われていそうな嫌な雰囲気をかもし出したりもしている。地下の番組のあと、反響があったのか、今度は、地下をうろつく人を取り締まる人にスポットライトを当てたミニ番組もやっていた。その人によると、マンホールの蓋の端が傷んでいるところは、誰かが無理やりこじ開けて入ったりしているかららしい。歩きながら下を良く見れば、ある日地下への入り口が見つかるかもしれない。

|

« からす。その2 | トップページ | 5月終わっちゃうよ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/21107239

この記事へのトラックバック一覧です: はしご。:

« からす。その2 | トップページ | 5月終わっちゃうよ。 »