« 健康診断。 | トップページ | とり。 »

肉まんじゅう。

予想通り16時近くに健康診断が終わり、何か食べることばかりを考えながらフラフラと建物を出ると、向かいに”パリ一安い”というようなことが書かれたダメそうなパン屋発見。サンドイッチの種類がかなり多い。ツナ&生野菜という定番ものを一つ購入し(3.20ユーロ、言うほど安くない)、貪りつきながらrepublique広場まで歩く。この広場は、ストの開始地点、もしくは終了地点として結構有名だったりして、広場の周りには沢山のレストランだのブティックだのが連なっている。私の目的は一つ。久しぶりにこのそばにある中国人街をふらついて肉まんを食べるということだった。というか、健康診断の間、肉まんのことしか考えていなかった。

前にも書いたが、この街には甘いおやつばかりで、しょっぱいもの好きの私としては、コンビにの肉まんとかから揚げ棒とかおにぎりとかを軽く(でもないか)食べたくなる時がよくある。

そんなわけで、せっかくここまで来たのだから、中国人手作りの肉饅頭を!そして1個と言わず2個食べちゃうのだ!と考えていたのだ。ただ、中国人街といってもこのrepublique広場の近くにあるtempleという駅を中心とした界隈は、13区やbellevilleのように中国人以外の人種にも開かれた地域ではなく、もっと濃い、中国人以外お断り!的な感じがするところで、私ももう何年も足を踏み入れていない。10年ほどまえに初めて留学した時に、フランス語の先生がウマイ店があると一度連れて来てもらった汚いけど美味くて安い店は、どうやってたどりついたのか覚えておらず、後々パリの地理を理解し始めてやっと”あ~、この辺りだったのか”と分かってきたところである。

今回も薄れかけているその記憶を頼りに、裏通り裏通りへと踏み込んでみたところ、それらしきレストランなどの看板がある通りを発見。サンドイッチを食べたお陰でちょっと心に余裕が出てきたがまだ空腹が満たされないという感じである。(普通ならサンドイッチで十分だろうが)だんだんアパートの窓という窓にはダラしなく洗濯物がぶらさげられ、ダメそうな場末の雰囲気が醸し出されてきているのだが、レストランを覗いてもその場で食べるような店ばかりで、肉まんだの春巻きだのへんな甘い饅頭だのを持ち帰りできる様な店がなかなかない。

そうこうしていると昔ながらの敷石の歩行者道路を発見。ここはまさに100%中国、行ったことないが中国とはこんな感じであろうというように、道端には中国人しかいない。小売お断りの怪しげなおもちゃ屋だの、食料品店だのがあり、その隣では、中国人がカードで遊んでいる。やっぱり賭博場なのだろうか。

その道の端に向かい合って私が探していたような、店頭に肉まんをてんこ盛りにしている店があった。どっちに入るか迷ったが、どうせ兄弟で両方の店をやってます。なんてことだろうと、適当に左の方へ入ってみた。”ニーハオ”と言われビビっていると、さらにまくし立てるように、多分”何にしますか”みたいなことを言われたのだが、勿論分からないので、”に、肉まんを、ふ、二つ下さい。お、お持ち帰りで。”とビビリながら注文。1個確か90サンチームくらいだった。13区のいつも買う肉まんが激ウマの店の半分以下の値段だ。bellevilleもそのくらいの値段だったような気もするが、中の肉がちょっと脂っこかった。ここのは、醤油の味が強く、あっさりとした饅頭生地にちょうど良い感じ。勿論写真など撮る間もなくむさぼりついてしまったので文章だけで勘弁してね。

歩きながら1個を食べ、2個目をどうしようか迷っているうちに、パリのヘソ・シャトレの辺りまで来てしまった。久しぶりに地元を離れたので、どうせならブックオフにでも行くかと2個目も食べつつ、オペラまで行って帰宅した。しかし、凄いね中国人。”中華街”じゃなくて”中国”だったよ、あそこは。

|

« 健康診断。 | トップページ | とり。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/20991325

この記事へのトラックバック一覧です: 肉まんじゅう。:

« 健康診断。 | トップページ | とり。 »