« パリ郊外へ。① | トップページ | 蟹工船。 »

場違いな人。

先日参加した(させられた)職安のダメグループ講座の帰り、個々に渡された仕事の斡旋状3件のうち、来月ベルサイユの見本市会場で開かれる自動車ショーのホステス(っていうのか)、日本語話せる人募集ってのがあり、仕方なくメールで応募しておいた。

この斡旋は、職安が強制的に”はい、お前にこれを探してあげたから、応募しやがれ。応募しない場合は、何故応募しないのかを書面にして至急郵送のこと”、2回断ったら失業保険支給停止という強引なシステムになっているのだ。私の場合は、単純に日本人であるから、企業のアノンス内に”日本”という単語さえあれば期間がどうであろうと場所がどこであろうと、今回のように無理やり押し付けられる可能性は大だ。

昨日の夜、風呂に入っている間、この職安にアノンスを出したエージェントから直接電話があった。夜の8時半を過ぎており、夫からの電話だとばかり思っていたので、わざわざ水浸しになりながら電話を取るために風呂から出てくる必要など皆無であると思い無視しておいた。後からメッセージを聞いてみると、早速明日10時か土曜の14時に来いとのこと。しかも馴れ馴れしくtutoyerで自分の名前も残していない。

車の見本市といえば、ハイレグ水着を着たきれいで若いおねえさんが車に片手を置いてポーズを取っており、それを沢山のカメラマンが取り囲み、フラッシュがバシャバシャたかれるというイメージだ。となると、30過ぎてからぶくぶくと太りだし、最近は毛穴も開き気味である私としては、どう考えてもダメっぽい。大体ユニフォームなんか支給されても着ることさえも出来無そうだ。

でも、男女募集してるし、そんなに若くてきれいでスタイルが良いフランス人で尚且つ日本語もバイリンガルレベルなんて人いないだろ?ってことは、そういうモデル系の人のほかに地味にスタンドで受付とかボールペン配ったりとか、そういう人を探してるってこともありえるだろうと、色々考え、面接場所がオペラ通りだったこともあり、遠くもないからとりあえずどんなものか行ってみようと気軽な気分で10時にオフィスに到着。

入ってすぐの所に既に3人ほど人が待っている。待っている間にこの紙に記入してね。と渡された紙には名前とか住所とか生年月日などの基本情報のほかに、身長、体重、洋服のサイズ、タトゥ、ピアスの有無、髪、目の色など見た目に関する情報も書かなくてはならない模様。やっぱり、そういう事務所だったのか~と思ってももう遅いし仕方なく正直に書いてみたが、恥ずかしすぎて裏返して持っていた。そうこうしているうちにバラバラと人があつまり、30分ほど過ぎてやっとやる気のなさそうな担当のねーさんが登場。

隣のまだ片付けが終わっていない倉庫兼会議室のようなところに集められた。隅ではバイトの人が一生懸命給与明細と契約書を三つ折にして窓付き封筒に入れているところで、何だか本当に何もかもがだらしなく、やる気のない感じであった。面接するって決めたらもうちょっと時間をちゃんと守るとか、部屋を片付けるとか何かそれなりに準備もありそうなものだろう。あらためて席についた応募者を見るとどう考えても私が一番年上、それに、皆どう考えてもプロのモデルっぽい美しい女の子ばかりだ。

早速、端から自己紹介、意気込み、就業可能日時について語らされていったのだが、案の定、皆、ローランギャロスだの見本市だのパーティだの美しい女の人が必ず会場にいるような場所で働いた経験があり、モデル事務所にも登録してます。なんて人ばかりだった。しかもムカつくのは大学で心理学を勉強しつつモデルもしてます。とか、法学部を出てますが今はニューヨークを拠点にモデルをしてます。なんてインテリモデルが多くて、不愉快なことこの上ない。しかも、近距離で見ても本当に肌も透き通るようにキレイで、私みたいに肥満問題や毛穴問題などは抱えていないのだ。

皆自分のモデルブック的なものを見せたり、写真を持参している。私などは履歴書一枚ぺラっと持ってきただけで、大体において私の存在は場違いであったのだが、この期に及んで拒否の仕様もないので仕方なく自己紹介を寂しく終えた。唯一心の友と勝手に決めたのは、私の隣にいた男子1名、その名もモハメッド。失業中で何とか仕事を見つけたいというときに、彼女が前にこの事務所を通して働いていて、見本市の話を聞いたので応募したと言っていた。別に格好よくもなんともなく、学生ではなく失業中である辺りが共通点だ。

午後選考して必要があれば電話しますということだったが、二度とここに来ることもないだろう。夫に約束していた弁当を買いに十時屋に寂しく向かい、から揚げ弁当ととんかつ弁当を買い、とっとと家に帰った。油物をモリモリ食べて益々モデル事務所からも遠のいてやるのだ!

仕事に関わらず、今年は何をやっても良い結果がなかなか出ず、どうしたものかと思っているが、やっぱし厄年らしい。自分の中でそうでも思わないとやってられないというのもある。これだけ無駄に面接に出かけ、職安に呼ばれ、自分では一生懸命やってるつもりだが、何か上手く結びつかないんだよね。厄年のせいなんだ、きっと。

|

« パリ郊外へ。① | トップページ | 蟹工船。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶり!某ジムで東京地下鉄路線図のTシャツきてるお兄さんと言葉を交わしたKです。いま日本にいるの。8月に戻る予定だったのが、実家の急な事情で急に残ることになったの。子どもたちは夫がひとりで仏につれてかえりました。とほほ。久しぶりにブログをみてパリに思いをはせました。今母の介護(といっても身体は元気。認知症なんだよね。)で、入所施設の空き待ち。一応10月25日にパリにいったん帰るつもりだけど。11月13日にはまた日本に戻ってこないと。たまあ〰に走ってるけど、せっかくミカエルを見ながらついてきた筋肉がきえつつあるのだあ。腹筋思い出したようにしてはいるけど、こっちに来てからロウ眼も進みああこうやって流れる時に負けていくのねと実感。なんちゃってでもなんとか元気です。こっちで売れてる(らしい)俳優の瑛太、ちょといいなと思って彼が出てると見入っています。またね。おみ足見られて(畳サンダル)嬉しかったで〰す!ジムいってる?

投稿: きえるきんにく | 2008年9月14日 (日) 17時09分

わぁ~。もう帰国してるだろう。。。と思いつつ久しぶりに金曜に電話してみたら、旦那さんが”妻は今日本です!”って詳しいメッセージ録音してたよ。まだ日本ってどうしたんだろう?って思ったら、そういうことだったんだね~。お母さん、大変だねぇ。旦那さんもお子さんの世話、色々大変だろうね。何か力になれるようなことがあったら言ってね。
某クラブ、懐かしいね。もう過去の話だよ。夫はまた行きたがってるけど。やっぱり二人で通うと高いしね。今は、市民プールで張り切ってるけど、寒いよ、パリ。筋肉っていうか、引き締まったって褒められた太もも、あっという間にまたブヨブヨだよ。まったくダメだね、ほんと。
ねぇ、瑛太ってウエンツ?ダメだよ。アメリカ人でしょ?ミカエル一筋にしておきなって。
来月一時帰国なのね、大変だ、ほんと。また近況知らせてね。

投稿: inohatsu | 2008年9月15日 (月) 15時51分

瑛太って、百ぱあー日本人よ。ウエンツもきれいでなかなか賢そうだけど、ちょっとわたしには小さいわ。小さくても,筋肉(たとえ人工プロテイン男でも)でカバーするミカエルは、別格。まあしゃべったら,○年の恋もさめるかも。ただ私の問題は、彼が前にいるとなにしゃべっていいかわかんなくなること。なんていっても、いまは海のまた向こう。私にも過去の話だわ。
先週くらいから急に日本も気温が下がったわ。株価とともに。
フランスも大変なんしょ?
ところで、母の入院(目の手術)中、付き添いで病院に寝泊まりしてたんだけど、その間にいろんなひととなかよくなったよ。
ひとりは一見72位に見える88歳のおじいさん。大きな耳の強運オーラを発する彼。思わず退院時、(別れる時)電話番号渡した私。もう一人は、野球やっていて腕骨折の33歳のスリランカ青年。日本語がその辺の若い日本人より、よっぽど語彙も豊富で美しいの。これまた電話番号メール交換。
ちょうど良い、年齢の独身とはまだ出会っておりません。でもさあ、日本の男は、ドアとか持たないよね。うしろに女性がいても。
ベビーカーとか持ち上げて、よいしょって階段上がってるママさんとかいても、若いのも、若くない男も声かけて手伝ってあげないね。なんだいこの国はあ??って思って思わず私が持ってあげたけどさ。ミカエルならどうするかしら。まず上着をぬぐか・・・・?
ではまたあ。

投稿: きえるきんにく | 2008年10月 8日 (水) 19時16分

ウエンツじゃなかったのか。ごめん。真剣にミカエルと何話そうかなんて考えてるあたり、何か可愛いね~(失礼)。こっちは相変わらずだよ、寒かったり、雨降ったり、ちょっと日が出たり、ユーロも凄いね、130円代って。170円した時にケチらずもっと換えとけば良かったよ~。今日のニュースじゃ、小金持ちが必死に金の延べ棒買ってるって。
日本にはさ、お母さんのことで行ってるんだよね。再婚相手探しにとかじゃないよね。な~んて。確かにこっちで暮してると日本人なのに日本で感じる違和感っていうのに、すぐには慣れないかもね。
今月一度戻って来るんだよね。忙しくて会う時間ないかな?精神的にも肉体的にも疲れてるだろうから、くれぐれも無理はしないようにね。

投稿: inohatsu | 2008年10月10日 (金) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/23696340

この記事へのトラックバック一覧です: 場違いな人。:

« パリ郊外へ。① | トップページ | 蟹工船。 »