« 味ぽん衝動。 | トップページ | 疲労。 »

鍋。

Nabe衝撃の(笑) ”味ぽん衝動”については先に述べた通り、急にどうしても味ぽんで湯豆腐が食べたくてたまらなくなったというアホみたいなことである。湯豆腐などは、別に何の鍋でも豆腐を湯で温めるだけの話であるから、何もこだわる必要はないのだが、誕生日に何を買うかも考えていなかったので、今年はロクに使う機会もなくなった高級婦人鞄などではなく、実用品を購入することにした。そしてその実用品とはずばり”鍋セット”。

以前、日本人の友達とつるんで(死語?)いた頃は、時々鍋パーチーが開催され、何度か鍋料理を満喫させてもらっていたのだが、結婚してからは”家庭で鍋料理”なんて考えは微塵も浮かんでこなかった。どうせ夫は食べられないかもしれないし、もったいないし、といういつもの”食文化の違い”問題のためだ。ただ、湯豆腐なら鍋自体に味がついているわけでもなく味ぽんで食べるだけなのだし、豆腐は食べる夫のこと、あとは肉食人種のヤツのために、豚ばら肉でも投入すればばっちりでないか!ということで、以前13区のパリストア(ダメ中国スーパー)でチラッとみかけたイワタニ・カセットガスコンロを思い出し、見に行くことにした。

早速到着し、ガスコンロを見てみると何と48ユーロとか50ユーロ近い値段がついている。それに何本かの予備のカセットガスと土鍋などを買えば結構な出費になるではないか。頭の中では勝手に高くて30ユーロくらいに思っていたのでかなりの衝撃であった。今張り切っていても、どうせ私のこと、1回か2回くらい鍋料理を食べたら後は押入れにでも仕舞いこんでカセットコンロの存在すらも忘れてしまうかもしれないのだ。こんなリスクがあるのに100ユーロ近い出費はアホらしい。とりあえず何も買わず店を出て、肉まんを食べながら頭を冷やすことにした。

そういえば、1本筋違いの通り沿いに、前にフラっと入った料理用品専門店があったのを思い出した。そのときは、料理用品ではなく少し置いてある日本食コーナーでカレーのルーを買ったのだった。珍しく必要なときに必要な記憶がよみがえったぞ!と喜びながら、早速行ってみる。この店、中国人の店なのだが、すぐにでも”パリで大流行のインチキ日本食レストラン”を開店することが出来るような料理用品がかなりの品揃えで揃っている。勿論中華料理に必要な料理用品もあるのだが、インチキ刺身の船盛りに使いそうな木製の船だとか、寿司のネタが書かれた湯のみだとか、そんなものがてんこ盛りなのである。

早速カセットコンロコーナーを見ると、同じくイワタニのものがあるが、形違いで3種類もある。さっきパリストアで見たのはかなりハイパワーなものだったらしく、そんなプロ向けなものは必要ない私にちょうど良い手ごろ価格のものを発見。そしてカセットガスを見ると、イワタニのものは置いてなく、さっきパリストアで見たものに比べたら激しく安い中国製のものしかない。夫はそんなの関係ないと言っていたが、やはり私は純正品を使いたいような気がして、結局カセットガスだけを買いにまたパリストアに戻ることにした。そうそう、ここで、土鍋も見たのだがイマイチで、代わりに鉄鍋(というのだろうか?)深みのある重い重い鉄製の鍋を買った。

パリストアでは、やっとこれで今晩湯豆腐が出来るということが確定したので、カセットガスのほかに鍋の材料も購入することに。農薬問題で騒がれているというのに中国スーパーで買い物をするあたりが何とも野蛮な気分だ。豆腐に始まり、ほうれん草、エリンギ、インチキかにツミレを購入。ばら肉は先日書いた韓国スーパーで兄さんに切ってもらったものを使うことにした。夫は生まれて初めて食べた鍋料理で、どのタイミングで食べるのか、”俺が投入した肉は俺のものなのか?”などと、かなり緊張(笑)していた模様であるが、美味しく頂いた。だし昆布もなく味ぽんに入れて食べる鰹節も無かったが、何とかなるものである。具材を集めるのが面倒だけど、これだけ毎日寒いと”鍋セット”まだまだ使う機会はありそうだ。

*料理用品のお店 KAWA IMPORT-EXPORT SARL/89-97, Avenue de Choisy 75013 Paris

|

« 味ぽん衝動。 | トップページ | 疲労。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/24852481

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋。:

« 味ぽん衝動。 | トップページ | 疲労。 »