« 新・日本食料品店。 | トップページ | すんません。 »

もうすぐ春だよ。

Tuileries 日が沈むのが段々遅くなってきている。怠け者の私としては、夕飯の買い物をギリギリまで伸ばすことが出来、大変有難い。18時30分を過ぎてもまだ明るいのだ。今日の天気予報では、確か日の入りは18時45分くらいだったと思う。

先週辺りから少しづつ肌を刺すような寒さの日がなくなりつつある。冬中着倒したHとMの安物ロングコートも”もうじき、おさらばだな。”などと思いつつハーフコートを出してみた日に限って急に寒くなったり、雨が降るのはこの季節ならではだろうか。先週だか先々週だか忘れてしまったのだが、土曜日は結構温かくて近所のカフェのテラスなどにも沢山の人が集っていた。ルーブル美術館の隣にあるチュイルリー公園をたまたま通ったのだが、すごいことになっていた。太陽に少しでも当たりたいという気持ちは皆同じなのか、鬼の様な人ごみでまるで竹下通りの様である。そして前にも書いたが、この日はちょっと温かくなると出没するという”半そでTシャツバカ”を早速5~6人発見したのであった。

そして、そんな春を予感させる気持ちの良い天気とはまったく別に、花粉症が始まりつつある。この花粉症、日本に居た時は薬を飲まないと涙と液状の鼻汁は止まらず、鼻汁のせいで常に頭が痛いというような典型的な症状であった。ただ、特に病院で何の花粉のアレルギーかを調べてもらったりしたことはなく、この季節になると市販薬でごまかし時が過ぎるのを待つだけということの繰り返しである。

初めてパリに留学した頃は、この花粉症の症状が出る事がなく、不思議に思っていたのだが、”パリ周辺には一般的に杉の木がないからアレルギーも起こらない”というような話を聞き、そしてその頃は”憧れのパリに住んでいる自分”に浮かれポンチになっている時期でもあったので、’何て素晴らしい国なんだ!もう日本になんて戻りたくないかも!’などと思っていた恥ずかしい記憶がある。ただ、その年にたまたまイタリアのトスカーナ地方へ旅行に行ったら、日本にいた時よりもさらに強烈な症状が出て、久しぶりにみずっぱなを出しながら、片言の英語で何とかアレルギーの薬を買ってみたのだが、全然効かずに滞在中辛かったのだった。

それが、このパリでもここ数年、日本ほどでもないのだが、”花粉症?”というような症状が出ることが多くなった。先週辺りから、くしゃみで目が覚め、一日中鼻をかんでいるというような日があるので、”あ~またこの季節が来たのだな”と思っているところである。日本にいたらもっと大変なのだから、鼻汁くらいどうということは無いのだと思うようにしているが、やはり頭はボーっとするし、何となくやる気も出ない。やる気がないのは、いつものことか。

|

« 新・日本食料品店。 | トップページ | すんません。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/28563505

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ春だよ。:

« 新・日本食料品店。 | トップページ | すんません。 »