« 肉まんと麻婆豆腐。 | トップページ | ドキドキ。 »

引き続き豆腐。

ベルビルでGohanTofu麻婆豆腐を食べた後、これまた在仏日本人向け新聞・ボンズールに紹介されていた豆腐屋へ行ってみることにした。”油揚げが美味くて安い”というのを読みずっと気になっていたのだが、やっと自分で行ってみるチャンスが到来したのだ。いつも行く韓国人のお店にある”3枚入り油揚げ”が微妙に値上げされていて、”これが無くても死ぬ訳じゃないし、夫はどうせこれが何なのかもわからないんだし。”と買うのを我慢したところだったということもある。

記事によると、この店では黙っていると油揚げを死ぬほど袋に入れられると書いてあったので、やや緊張の面持ちで入店してみると、既に先客が二人。いずれも中国人である。写真に載っていた店主らしきおじさんの他に娘さんらしき若い女子もいて、その子が対応してくれた。ミニ厚揚げも美味しそうだったが、とりあえず豆腐を一丁と油揚げを買うことに。

油揚げは、イメージしていた日本の様な長方形のものではなく、小さなスティック状になっているものだった。袋から出しちゃうと油が凄いのでナイロンに入ったまま撮った写真でイメージがつかめるかな?お稲荷さんを作るのは無理だけど、味噌汁や炊き込みご飯の具にするには切りやすくて良いという感じの大きさである。店主のおじさんではなく娘さんが対応してくれたお陰(?)か、袋に揚げを入れては”これくらい?それとももう少し足す?”とこまめに聞いてくれたので、思った量を購入することが出来た。いくらだったかもう忘れちゃったけど、ナイロンの袋モリモリ一袋の油揚げと豆腐で3ユーロしなかったと思う。

Age_1

油揚げは、早速炊き込みご飯に使い、残りは冷凍庫に大事にしまうことに。最初はこの変なサイズに”え~っ”と思ったのだが、結構使い勝手が良いかもしれない。早速、炊飯器を持っていない私は鍋でインチキ炊き込みご飯を作ってみた。細かく切り油抜きをした揚げに、こちらでは結構どこでも買えるプルーロットという平茸(の一種?)を裂いたものを磨いだ米に乗っけるだけだ。味付けは醤油と酒と本だしという適当さ加減。本当はニンジンも入れたい所だが、すぐ腐らせてしまうのでニンジンの買い置きはしないことにしており、この日家には無かった。こんないい加減な炊き込みご飯でも、なかなか美味しくてこれはクセになりそうだ。油揚げはあと炊き込みご飯50回分位はありそうだし、毎日”今日買っておかないと、明日は買いに行かれないかもしれない!”病の私にとっては一安心である。

Age_2

|

« 肉まんと麻婆豆腐。 | トップページ | ドキドキ。 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き続き豆腐。:

« 肉まんと麻婆豆腐。 | トップページ | ドキドキ。 »