« こんなときに。。。 | トップページ | 雑誌。 »

コルシカレポ

Corse_1 Corse_3 コルシカレポートまだ書いてなかったんだ。もう既に遠い昔のことになってしまったな~。

私達夫婦の仲は非常に悪いのだが、旅行の際の天気運ときたら本当に良くて、今回も天気に本当に恵まれて有難い限りでした。毎日暖かく、というか4月だというのに海で水遊び(足をぬらす程度ね、さすがに)が出来るほど暑く、そして太陽は、ジリジリする光を出し続けるCorse_4 本土のそれとは全くの別物。お陰で首周りと足のビーサン焼けがすごいことに。毎日そんな感じで、帰る当日初めて雨に降られ、でもまぁそれは、空港の駐車場から空港の入り口までと、飛行機の搭乗口からテロップ(って言うの?)まで歩く間だけの話しなので別に困ったこともなく、本当に今回もやはり天気だけは。。。ということでありました。翌日からはずっと肌寒く雨が降ったりする日も多かったようだし。

とにかく景色が素晴らしく、海でも山でも目を奪われるという感じで、それだけでも”あ~来た価値があった”、そして”あ~また来て今度は違うところに行って見たい”と思わされる何かがあり、夫の両親が毎年行くたびにどんどんはまったというのも分からなくもないか、というのが率直な感想でありました。

ただ、たとえ2ヶ月間だとしてもバカンスで行くのとそこに定住するのとは全くの別物であるわけで、私個人的には、パリの暮しを投げ打ってでも住んでみてぇ~!と言うほどでもないかと。というのも、これまた率直な感想であります。何故ならば何か違和感と言うか居心地の悪さと言うか、そんなものをそこかしこに感じたもので。それは、私がアジア人だから”白人から差別されてるわ、キィー!”というのとは全く別もので、コルシカ島の人はコルシカ人(とあえて言ってみる)しか認めないという感覚が何となく伝わってくるんですねぇ~。どこへ行っても人は親切で、時には”犬の様な扱いを受ける”こともあるパリに比べたら感じはすこぶる良いのですが、外地の人間を心の奥底で拒絶するオーラが出てるというか。たった2週間ごときで何がわかるか!とお思いかもしれませんが、やはり夫も同じ事を感じていたようで。だからこそなおさら夫の両親は良くここで骨をうずめる覚悟をしたもんだ。。。とつくづく思ったものでした。本土の人間は嫌い、かといってイタリアも嫌い、俺達コルシカ人!という何か強烈なアイデンティティーがちょっと疲れそうというか、何と言うか。

それでも、やはり次回また行くのが楽しみであります。豚肉やチーズなど、食事も美味しいしね。ちょっと面倒なのが、車がないとどこに行くにも本当に不便であるということ。夫の両親の家から一番近い海岸までは、20分ほどなのですが、もの凄い勢いで走る車がワンサカ通る国道沿いをいつ轢かれるかとドギマギしつつ一生懸命歩いていかなくてはならなくて、かなり面倒です。反対側に渡るのも決死の覚悟だし、トラックなんかが通ればこんな巨大な私でも吹き飛ばされそうになるしで、何かの罰ゲーム?とでも聞きたくなるレベルなのです。

今回は、夫の両親の家のあるバスチア付近や、コルス岬という海沿い北部、バスチアから海沿いに最南端のボニファッチまで見てきました。海沿いの国道はまだしも、内陸部はかなりうねったり、上ったり、下ったりで、道も激しいそうで、車酔いする我が子と共に行く事が出来るのはいつのことになるやら。。。という感じです。子供が楽しめるところは海くらいしかないというのは本当で、本来は、トレッキングしに来る人が多いみたいですね。私は、そういう疲れるのはイヤですが。次回は、是非ボニファッチから出ているイタリア・サルデーニャ島に行くというフェリー(写真上)に乗りイタリア観光もしてみたいものです。

|

« こんなときに。。。 | トップページ | 雑誌。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512640/40175446

この記事へのトラックバック一覧です: コルシカレポ:

« こんなときに。。。 | トップページ | 雑誌。 »