« 2011年6月 | トップページ

2011年8月

びっくりした~。

Eiffel

またまたご無沙汰してまして本当にすみません。ハナクソ的なネタは山ほどあり、それを書こう、書こうと思いながら一日一日が過ぎてしまい、毎日おもろいブログを書いてる人っていうのはすごい努力家だよな~などどまた”思うだけで動かない”状態でおりました。

まぁ、それはいつものことなのですが、なんと今回は、いつも使っているパソコンが大変なことに!どうやらウイルスをどこからかもらったようで、最初は”何か動きが遅いよな~”、”でもまさか私のクリックする速度が劇的にアップしてパソコンがついてこれなくなっているのか?それはヘボいよな~”なんていうことから始まり、cd-romが読み取れなくなり、そのうち”あれ、ネットへの接続が勝手に切られるってどういうこと~”とやや深刻になり、しまいには頼んでもいないのにsecurity protectionなんていうインチキソフトが稼動し始めたころにはもうすっかりネットどころか何のソフトも開けない状態になっており、やっと”これは、たいそうヤバイことになったらしい。。。”と現実を受け入れざるを得ないことになったのでした。

運の悪いことに、その頃、家の固定電話も通話ができなくなっていて、パソコンには微塵の興味も持っていない夫は、パソコンが大変なことになりつつあるという事態より、家の固定電話が使えないってどういうことやねん!といきり立っていて、仕方なく携帯からカスタマーサービスに掛けてみると”ただいま15分待ちです。。。”というメッセージがお経のように延々と流れているのを聞きながらワナワナしておりました。こちらのカスタマーサービスダイアルで日本の0120みたいなフリーダイアルというのはめったにないよな~と改めて思ったのもこのときでした。たいてい普通の通話料より高い特殊な番号なんだよね、これが。そして散々待たせても”別に。あたしのせいじゃないし。”というオーラが漂っていてお詫びの言葉から始まるなんてことはありえないのもお約束。

散々高い通話料を払わされて一度では解決せず、結局なんだかボックスというテレビと電話とネットがすべて終結している小箱(なんていうのか本当にわからん)を取り替えるという結論に落ち着き、これまた近所の店では在庫がなくて2週間待ちといわれ発狂しそうになった夫は何とかすぐに受け取れる市内の店を探してもらい、やっと家に持ち帰って接続しなおしたら電話が使えたよという大変な目にあっていたのでした。

それでやっと電話が使えるようになったから、パソコンの修理ってどれくらい費用がかかるか聞いてみるわ~なんていう話になり、というのも今まで一度もそんな目にあったことがなく、金額の見当もつかないし、あまりにも高いのであればもう新しいの買う方がいいんじゃね?なんていうこともあったのででした。その間に夫がどうもタイヤの空気が抜けてた見たいでちょっと心配だと車を見に行っており、そんな短い間にもパソコンのウイルス被害は深刻でかなり大変そうだということと、よく見たら後輪タイヤのど真ん中に漫画みたいなでっかい釘が刺さってて、そのせいで空気がどんどん抜けてるという何だかもう全てが負のスパイラルに陥っていたのでした。

結局、パソコンの修理はなかなかのお値段でしたが、どう考えても新しいのを買うよりは安いということで、修理をお願いし、車のタイヤは、ガレージに車を持ち込むよりタイヤだけを持ち込む方が全然安いという悪知恵をつけて、夫が釘の刺さったタイヤを持ち込んで修理してもらって解決したのでした。

ただ、タイヤは、これまた漫画でありがちなガレージの元不良みたいな従業員に”今日中にできるよ~”と言われたのを真に受け、一日中家で”今すぐ出動可能”状態で修理完了の電話を待機していた夫を完全に裏切り、2日後に夫から電話してみたら”えっ、もう出来てたのにまだ来てなかったの?”くらいな言われっぷりだったようで、最初から”この国でそんな上手くことが運ぶ訳ないじゃん、しかもタイヤの穴修理なんて全然元取れないし、どうせ一見の客だろ位な扱いしかされてないんだし。”と最初から思っていた私は改めて夫の純粋さに驚いたのでした。

そしてパソコンは、日本人のプロの方に直して頂いたので問題はないのですが、結局データを全て消去してインストールしなおしてもらったので、当然色々なサイトで入力が必要になるパスワードだの、暗証番号だのいろんなものがなくなっていて、大事なものはメモっていたので良かったのですが、なんとこのブログのパスワードがどこにも書いてない。しかも全然思い出せない状態で焦りました。だいぶ前にパソコンは家に戻ってきたというのにブログにアクセスできなかったのは、怠けてるからじゃなくて、パスワードを忘れてたからなのです。(っていうかそれもだらしないからだな。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ